住まいづくりのプロが解説する

新築・リフォーム・土地 アイデア&コラム

新築・注文住宅アイデア

テレワークにも最適!あると便利な書斎コーナー

パソコンを使ったり物を書いたりする時にあると便利なのが、書斎コーナー。

在宅で仕事をする機会も増え、注文住宅での家づくりにおいて希望する方が多くなっています。
「書斎」と聞くと、専用の個室をつくるイメージがあるかもしれませんが、
使い方に合わせたいろいろなつくり方があります.

そこで今回は、目的別におすすめの書斎コーナーの事例をご紹介します。

リビングの一角に設けた、パブリックな書斎コーナー

こちらは【三原なるほど住まい館 キナリ】で実際にご見学頂ける事例です。

リビングの壁一面にカウンターを設けており、リビングで家族と過ごしながら使える、パブリックなスペースになっています。
キッチンからも見渡せる場所なので、お子さんの勉強スペースにすれば家事をしながら様子を伺うことができます。
書斎として使わなくなった後は雑貨を飾って楽しむこともできるので、家族と共有で多目的に使いたい方におすすめです。

独立した空間で、作業に集中できる書斎

周りを気にせず集中できる場所にしたいという方は、独立した書斎やワークススペースを設けるのがおすすめです。
専用の収納を作りやすいので本や書類もたくさん置くことができ、もし散らかってしまっても人目につかないので安心です。
こちらの事例のように、アクセントクロスを貼ったり好きな写真を飾ったりして、自分好みにカスタマイズできるのも魅力ですね。

廊下や階段下を利用した、省スペースな書斎コーナー

書斎は欲しいけど、あまり場所をとりたくない…という時におすすめなのが、ホールや階段下を有効利用したつくり方。
こちらの事例では、2階のホールを少し広めにとり、そこにカウンターを設けて書斎コーナーを兼ねています。
バルコニーに面しているので、洗濯物の仮置きスペースとしても使える便利な場所になっています。
こちらは【福山 LIF展示場】で実際にご見学できます。

また、書斎コーナーでは必ず座って過ごすので、必ずしも天井を高くとる必要がありません。
そこで階段下を有効活用してつくったのが、こちらの【三原 キナリ(公開終了)】の事例です。
ストリップ階段と同じ木の色の造作(造り付け)カウンターがおしゃれですね。

スキップフロアで解放感たっぷり!遊び心のある書斎コーナー

せっかく書斎コーナーをつくるならデザインや雰囲気にもこだわりたい!という方におすすめなのが、スキップフロアでつくる書斎コーナーです。
リビングより少し高い位置になるので、リビングとの一体感はありつつも、やや独立した空間になります。

この事例では床にタイルを貼っており、後ろのデザイン階段と相まって、注文住宅ならではの目を引くデザインになっています。
上部が吹抜になっているので、上から光が差し込み解放感もたっぷりです。
こちらは【三原なるほど住まい館 レシル】で実際にご見学できます。

このように、ひとくちに書斎といっても色々な形があります。
それぞれメリット・デメリットがあるので、注文住宅でつくる際には「どんな風に使うのか?」「他の部屋との位置関係はどうか?」などを検討する必要があります。

三原・竹原なるほど住まい館では、創建ホームの現役設計士による設計相談会を受付中。
豊富な実績と経験から具体的なアドバイスが可能ですので、新築・注文住宅の間取りやデザインで迷ったらぜひご相談ください。

設計相談のご予約はこちらから

ショールーム・アクセス

三原 なるほど住まい館

Tel:0848-62-5811

広島県三原市明神三丁目5-1
LINEでお問い合わせ

竹原 なるほど住まい館

0120-20-8557

広島県竹原市中央三丁目7-1
LINEでお問い合わせ