住まいづくりのプロが解説する

新築・リフォーム・土地 アイデア&コラム

新築・注文住宅アイデア

おしゃれ、かっこいい、リビング階段デザイン事例

注文住宅を建てるなら、リビング階段に憧れる方は少なくないのではないでしょうか。

リビングが開放的になる、家族が顔を合わす機会が多くなる、などのメリットに加え、デザインもおしゃれ、スタイリッシュな印象です。

一口にリビング階段といっても配置やデザインは様々。
蹴込み板の無いスケルトン階段(ストリップ階段)や、階段としては一般的な箱型階段などがあり、素材は木製や鉄骨製、形もよくあるストレート型やL字型もあれば、省スペースなU字(折返し)型など、選択肢は多岐に渡ります。

暮らし方やデザインを考えるためのご参考に、創建ホームが手掛けた事例からリビング階段の事例をご紹介します。

スタイリッシュなスケルトンのリビング階段(ストリップ階段)

リビング階段の人気のデザインがスケルトン階段(ストリップ階段)。
蹴込み板を無くすことで、スッキリとスタイリッシュな印象になります。
使用する部材が少ないため、費用も抑えられるのが嬉しいところ。

上は竹原市の建築事例。
木製の段板(踏み板)に細身のアイアン製の手すりで全体的にナチュラルな印象に。
手すりの一部を赤く塗り、リビングのアクセントになっています。

こちらの事例は吹き抜けの2階ホールに続くストレートなリビング階段。

リビング階段の向きに2階ホールが見えるので、吹き抜けがより開放的に感じられます。
木とアイアンの組み合わせがインダストリアル調のインテリアにぴったりマッチ。

木製階段に続き、鉄骨製のリビング階段のご紹介。

施主さまのリゾートホテルを意識された意匠にぴったりのスタイリッシュなリビング階段。
スケルトン階段(ストリップ階段)なら黒塗りにしても重たくならず、白を基調としたリビングで存在感を放っています。

こちらの竹原市の建築事例は段板(踏み板)を壁付けにした事例。
段板(踏み板)の下に支えを作り、側板をなくしたことでよりスッキリした印象になっています。

スキップフロアや半地下収納を備えたリビング階段

リビング階段は階段の下のスペースや踊り場のスペースも工夫のしどころ。
上の事例は、リビング階段の部分が印象的なアールになっています。

アールの部分は階段の折返し部分を利用してスキップフロアを設置。
スキップフロアに設置したワークスペースからはLDKが一望できます。

さらに階段の下のスペースは1段下がった半地下収納。
ともすればデッドスペースになってしまう階段のスペースを有効活用し、デザインにも活かしています。

空間になじむ箱型階段のリビング階段

間取りによっては、スケルトンのリビング階段(ストリップ階段)は設置しづらい場合があります。

上の事例はリビング階段が住まいの中央に配置され、スケルトン階段よりも箱型階段が適している例。
階段はオーソドックスですが、片側を壁にせず開放することでリビングが広々し、黒いアイアンの手すりが空間のアクセントとなっています。

インテリア全体を考えて工夫することで、おしゃれなリビング階段が実現できますね。

思わぬデメリットもあるリビング階段
検討はプロも交えてよく考えよう

おしゃれでひろびろした家族団らんの空間を実現してくれるリビング階段。
でもデメリットもあります。

空間が広くなり、2階との仕切りがなくなるため空調が効きづらくなる可能性があります。
また、お子さまが大きくなってからお友だちが遊びに来ると、必ずリビングを通るのでプライバシーが保ちづらいというデメリットも。
スケルトン階段(ストリップ階段)では小さなお子様やペットの安全面も配慮する必要があります。

三原・竹原なるほど住まい館では、創建ホームの現役設計士による設計相談会を受付中。
豊富な実績と経験から具体的なアドバイスが可能ですので、リビング階段など新築・注文住宅の設計で迷ったらぜひご相談ください。

設計相談のご予約はこちらから

ショールーム・アクセス

三原 なるほど住まい館

Tel:0848-62-5811

広島県三原市明神三丁目5-1
LINEでお問い合わせ

竹原 なるほど住まい館

0120-20-8557

広島県竹原市中央三丁目7-1
LINEでお問い合わせ